エリクシールホワイトとHAKUの違いを比較してみました

エリクシール,ホワイト,HAKU

 

エリクシールホワイトとHAKUはどちらも資生堂の美白化粧品ブランドとして口コミサイトなどでも人気の為、どちらを買おうか悩んでいる方も多いと思います。

 

そんなエリクシールホワイトとHAKUを

  • 価格
  • 成分
  • 効果

で比較してみましたので、エリクシールホワイトかHAKUのどちらを購入しようか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

エリクシールホワイトとHAKUの化粧水を比較

今回比較したのはエリクシールホワイトの化粧水『クリアローションCT』とHAKUの美白化粧水『アクティブメラノリリーサー』です。

商品名

エリクシールホワイト
クリアローションCT

HAKU
アクティブメラノリリーサー

通常価格

4320円 送料無料
内容量:170mL

4860円 送料無料
内容量:120mL

商品サイズ 幅47mm×高さ180mm×奥行き47mm 幅44mm×高さ181mm×奥行き44mm
テクスチャ

ミルク・ローション状

とろっとまろやか

香り

リラックス感のあるアクアフローラルの香り

無香料
使用期間 約1ヶ月(使用方法にそった使い方での目安) 約4週間(使用方法にそった使い方での目安)
ブランドイメージモデル

篠原涼子
出演CMはこちら

木村文乃
出演CMはこちら

成分 4−メトキシサリチル酸カリウム塩*,グリチルリチン酸ジカリウム*,イノシット,ヨクイニンエキス,トウキエキス(1),水溶性コラーゲン(F),オリーブ葉エキス,ヨモギエキス(2),精製水,ジプロピレングリコール,エタノール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,濃グリセリン,1,3−ブチレングリコール,ポリエチレングリコール400,α−オレフィンオリゴマー,ポリオキシエチレンフィトステロール,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,エデト酸二ナトリウム,クエン酸ナトリウム,エリスリトール,セスキオレイン酸ソルビタン,カルボキシメチルセルロースナトリウム,クエン酸,2−O−エチル−L−アスコルビン酸,水酸化カリウム,ローズマリー油,リン酸L−アスコルビルマグネシウム,塩酸リジン,酵母エキス(3),L−アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」 4−メトキシサリチル酸カリウム塩*,グリチルリチン酸ジカリウム*,L−セリン,トリメチルグリシン,2−O−エチル−L−アスコルビン酸,精製水,エタノール,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリエチレングリコール1000,トレハロース,カルボキシビニルポリマー,イソステアリン酸,エリスリトール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,キサンタンガム,水酸化カリウム,アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体,ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン,エデト酸二ナトリウム,ヒアルロン酸ナトリウム(2),フェノキシエタノール  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」
トライアルの有無

あり

化粧水・乳液・美白美容乳液(1週間分)

さっぱりorしっとりの2タイプから選択可能

化粧水はなし

美白美容液『メラノフォーカスV』のみあり

備考

さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3タイプ
アレルギーテスト済み

アレルギーテスト済み
ニキビのもとになりにくい処方

エリクシールホワイトとHAKUの美白成分は両商品共に4MSK(4−メトキシサリチル酸カリウム塩)。資生堂が開発した厚生労働省認可の医薬部外品有効成分です。

 

これまでの美白成分には効果がなかった頑固なシミにも効果が期待されている成分です。資生堂独自の成分なので他メーカーの化粧品には配合されていません。

 

主な働きとして

メラニンの生成を抑える
ターンオーバーの乱れを正常化する

といったものがあり、シミ予防効果に大きな期待が出来ます。

 

また、m-トラネキサム酸という美白有効成分が配合され、メラノサイトの活性化を抑え、シミ予防に働きかけたり、肌荒れを抑えてくれる働きが期待できます。

 

また、うるおい・保湿効果も期待できます。

 

更にHAKUにはアンダーシールダーという成分がより深刻なシミに働きかける成分が配合されています。

 

2つの美白化粧品を比較してみて分かったこと

エリクシール,ホワイト,HAKU

同じ有効成分が入っていながらエリクシールホワイトとHAKUは期待できる効果が変わります。

 

エリクシールホワイトはくすみ改善に比重をおいた化粧品

エリクシールホワイトは年齢に伴う肌のくすみやにごりに比重を置き、顔の透明感を引き出すこと、更に肌のハリUP効果が期待できる化粧品です。

 

HAKUはシミの改善に比重をおいた化粧品

対するHAKUはよりシミ改善に特化した化粧品でシミやそばかすにお悩みの方はこちらの方が美白効果が期待できます。

 

どちらも共通する働きはシミの元であるメラニンの生成を抑えるという点なのですが、HAKUはシミに対する効果に比重を置き、エリクシールホワイトはシミ以外の美白に比重を置いているという違いがあります。

 

香りの有無も選ぶ基準に

また化粧品のフローラルな香りに癒されたい方はエリクシールホワイト。余計な匂いは一切不要と思われる方は無香料のHAKUを選ぶと良いでしょう。

 

デパートの資生堂のカウンターやドラッグストアにてサンプルをもらって1回お試しするのも良いですが、少なくとも1週間くらい使わないと自分の肌に合うか分からないという方にはWEB限定のトライアルという方法があります。

 

エリクシールホワイトにはトライアルセットあり

エリクシール,ホワイト,HAKU

 

エリクシールホワイトは化粧水だけではなく乳液、美白美容乳液がライン使いできる1週間分のトライアルセットがあります。

 

しかもさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類から選ぶことが可能。

 

こちらは薬局などでは販売されておらず、WEB限定なので、まずは肌のくすみを改善して肌の透明感アップを目指したい方はこちらをお試ししましょう。

 

▼1週間ライン使い▼

エリクシール,ホワイト,HAKU ボタン

 

HAKUは美容液とクリームのみトライアルあり

エリクシール,ホワイト,HAKU

 

実はHAKUには今回、比較対象に挙げた化粧水のトライアルがありません。トライアルの対象が同ラインの美容液と美白クリームならあるのですが、こちらは約2週間分お試しする事が出来ます。

 

シミ予防の最先端技術を結集させたHAKUを体感したい、シミ予防に本気で取り組みたい方はこちらをお試ししましょう。

 

▼トライアルはなし▼

エリクシール,ホワイト,HAKU ボタン

 

▼約2週間お試し▼

エリクシール,ホワイト,HAKU ボタン

 

▼冷却&美白の新体験▼

エリクシール,ホワイト,HAKU ボタン

 

>> 32歳乾燥肌の主婦がエリクシールシュペリエルをお試し  TOP